スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅 55日目 島牧村~小樽

7月28日。

「試される大地 北海道」とはよく言ったものだ。

そんなことを思いながら6時に起床。

吹き荒れる突風のおかげでよく眠れなかった。

テントのインナーからモゾモゾ這い出ると、ビーチサンダルがない。

犬が持って行ったか?と探してみれば5メートル先まで飛ばされていた。

ついでにバックルも鍵もかけ忘れたままのリアボックスは、強風によって蓋が飛ばされていたorz

もう何なのよorz



インナーのみだったし撤収はめっちゃくちゃ楽チンだったことだけが救いだな。

ちなみにセローのおっちゃんはもう出発したようで、見当たらなかった。
そんな一日の始まり。
風は強かったが、トイレが半端なく綺麗だしゴミ箱も設置されているし、水場が不十分なこと以外はとてもいいキャンプ場だった。

朝ごはんに食パンを食べてバイクを拭いて綺麗にして、江ノ島海岸キャンプ場を出発する。

朝からかんかん照りの太陽で物凄く暑い。

ひたすら海岸線を走って、弁慶岬に立ち寄る。



弁慶さんがででーんと立っていた。

弁慶岬の由来の説明書きがあったけど何だったか忘れた(笑)



何かわからんけど美味しそうなものが実っている。

弁慶岬の駐車場で車中泊で旅してるおじさんと出会って少し話していたら、おじさんの出身地が大阪、しかもお隣の区であることが判明した。

チャリで20分くらいの距離(笑)

おじさんと固い握手をして別れ、オサレなかんじの道の駅 寿都でスタンプを押して、今日回る道の駅を調べる。

国道229号から県道に入って黒松内へと向かう道すがら、バイクに変化が起きた。





ついに一万キロ突破!

その後ホクレンで給油して、フラッグが欲しいと言ったら「何故か当店には無いんですよー」って言われた。

どうやら全部の店においてあるわけではないようだ。

チッ。

気を取り直してくろまつない、らんこし、シェルプラザ、いわない、かもえないと回って行く。











北上するに連れて天気が悪くなる。

道の駅 かもえないで休憩しつつ、積丹岬に行くかどうかで迷う。

道の駅にホタテが売っていた。



こんなに立派で新鮮なのに110円だなんて!

食べなかったんだけどね(・∀・)

休憩所から外に出てもまだまだ曇天&向かい風、そして荒れ狂う海。



どうすっかな~。

地図を見ながら迷っていると、カブが来た。

スタンプラリーしつつキャンプツーリング中という札幌のおじさん。

中々の積みっぷりで、とても参考になりました。

積丹岬を回って小樽方面に行くか、少し戻って山越えで小樽方面に行くかで迷っていると言ったら、山越えの方は霧で真っ白だったよと。

そうか。ならば積丹経由で行くか。

ようやく決意して走り出したらトンネルだらけ。

強烈な向かい風は追い風に変わって超走りやすーい( ´ ▽ ` )

難なく神威岬に到着!



晴れた日はここから眺める海がとても綺麗で、その色を「シャコタンブルー」と言うそうだ。

観光雑誌にも必ずと言っていい程掲載されている。

シャコタンブルーをこの目で見たい…その一心で岬へと歩き出す。





神威岬は女人禁制らしいですよ。

リア充様たくさんいましたけどねっ。

突風に煽られながら先っちょの辺りに到着。





シャコタン…。゚(゚´Д`゚)゚。

いきなり晴れることを期待してウロウロしたものの、そう上手くは行かずに神威岬を後にした。

チッ。

そしてそして積丹岬の島武意海岸へと向かいますと、急激に晴れて参りました。

やっと俺の時代が来たぜ!







これはシャコタンブルーにカウントしていいのだろうか。



トンネル抜ければー夏の海ー♪



これはシャコタンブルーだろう。

神威岬では見れなかったのが残念だけど、まぁいいでしょう。

海沿いを走って小樽方面に向かう。

爽やかな天気に心も弾む。



ホームコンビニという謎のお店でご当地インスタント食品を買った。



ホームセンターとコンビニというかスーパーが一緒になったような店だった。

安いし品揃えもいいな。

今夜の寝床を考えながら黙々と走り、余市の道の駅で休憩。



道の駅にトリックアートを体験できるスペースがあった。

おもすろいヽ(o゚ェ゚o)ノ

真っ直ぐ歩けないヽ(o゚ェ゚o)ノ

いかん、楽しんでる場合じゃなかった。

0円マップとiPhoneを駆使して寝床を探す。

あてにしていた無料のキャンプ場は土曜日で夏休み真っ最中な今、ファミリーキャンパーでごった返していて入れなかった。

昨夜の強風のおかげで安眠できなかったこともあって、今日はライダーハウスに泊まろうと決意。

安いところは二軒。

「ライダーハウス 渡りどり哲也」か「ライダーハウス やまだ」のどちらかにしよう。

値段は山田の方が安いが、近いのは渡りどり哲也。

悩むな…。

散々迷った結果、何となく名前がおもしろいという理由で「渡りどり哲也」に決定。

電話したら空いてるとのことで、ライダーハウスにまっしぐら。



今夜の宿泊者は僕とフェリーで来る人の二人だけらしい。

ライダーハウスは国道から一本入った小高い場所にあって、近くにはスーパーもコンビニもある。

布団はなくて室内は火気厳禁だったけど、ライハの方がお湯を沸かしてくれた。

ホームコンビニで買っておいた例のアレで晩ご飯。



焼きそば弁当。

本来なら捨てるお湯でスープを作るというアレですな。

カップ焼きそば食べるの何年ぶりだろ。

味は普通のカップ焼きそばでした(笑)

そして僕は小樽の街へと繰り出す。

ライハの方に小樽でお祭りをやっていると聞いたのだ。

夜の小樽運河を見たいと思っていたから、ついでにお祭りも見てみよう。

15分くらいで小樽に到着して、駐輪場を探したけど見当たらない。

ウロウロして信号待ちしてたら後ろから「大阪」「日本一周中」「すごーい」と言う声がした。

振り向くと人力車に乗ったリア充様が。

人力車のお兄さんは大阪出身、リア充様は滋賀出身。

関西人多いな(・∀・)

探しても駐輪場がないし、駐禁がこないであろう場所に停めて歩いて散策する。



幻想的だすなぁ。

祭り会場へ。





どんな祭りなのかよくわからんかったから、近くにいたおっちゃんに話しかけたら色々教えてくれた。

小樽潮まつりは毎年7月最後の金、土、日曜に開催されて、二日目の今日は「潮ねりこみ」というのがある。

3日間の来場者数は100万人にものぼり、最終日の明日は花火大会があるそうだ。

潮ねりこみは花園グリーンロードという場所から各参加チームが踊りながら練り歩き、ゴール地点のステージを目指してひたすら踊り続けるハードな祭り。

踊りはベースはあるけど決まった形はなくて、各チームがそれぞれアレンジしてるから色んな踊りが見られるようになっていると。

ちなみに早い時間に受付をすれば一般参加チームに入って踊れるそうだ。

間違いなくしくじったな。

もっと早くに知っていれば参加したのに。

予備知識も入ったところで踊りを見る。

衣装も踊りも小道具もチームによってバラバラ。





デジイチで撮るのに夢中でiPhoneの画像これしかなかったorz

とっても面白い祭りでしたヽ(゚∀゚)ノ

大満足でライハに戻って就寝準備をしていると、同宿のお兄さんが到着。

すぐに買い物に出かけたようで、僕はお先に眠ることにした。

壁と屋根があるって素晴らしい。


本日:246km

総走行:8344km


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まっきー

Author:まっきー
愛車スーパーカブ110PROに生活道具を積んで日本一周の旅へ…。

2012年4月28日に大阪を出発。
時計回りに日本を走り回り、たまに実家に帰りつつ2013年6月7日、大阪へ帰着。

2013年6月30日、日本縦断に出発。北海道とねぶた祭りを楽しんで南下、鹿児島まで行く予定が途中の四国で満足してしまい、10月4日に大阪へ戻る。

日本一周+縦断?での走行距離は39590km。
地球一周分くらい?

2014年7月、3度目の北海道へ。
僕はいったいどこまで行けば気が済むんだろうか(笑)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
515位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。