旅 283日目 小宇宙(コスモ)を感じた



早朝4時30分。
静まり返るとまり木のキャンプサイトの片隅で物音を立てないようにコソコソと行動する。

準備を整えて靴下をはくと踵にでっかい穴が開いていたorz
マジか…。
他の靴下は昨夜干したまま未だ乾かず…。

そんなところから一日が始まった。

日帰りで縄文杉へ行くコースは2つ。
まず、一般的なのは荒川登山道からトロッコ道をひたすら歩いて山道に入るコース。
そして峠ひとつ多く超えなくて歩く距離は長くなるけど、トロッコ道を3分の1くらいカットできる白谷雲水峡コース。
白谷雲水峡コースは途中で荒川コースに合流するので、違いはトロッコ道が多めか、山道が多めかということくらい。

屋久島沈没歴が長く、縄文杉に何度か行っているカワちゃんによると、トロッコ道をダラダラ行くのは精神的にきついらしい。
飽き性やし嫌になりそうやなってことで白谷雲水峡コースから縄文杉を目指すことに決定。
そして縄文杉を目指すにあたって、もう一つ重要なアドバイスをもらっていた。

行きは写真撮らずにガンガン進んで帰りにゆっくり戻ってくる方がいい。
ゆっくり周りと同じペースで進んで行くとツアー客渋滞にはまる。
だから行きはそいつらをバシバシ追い越して千切っては投げながら進むのが良い。
行きのポイントはウィルソン株と縄文杉。
それ以外は帰りでもそれほど混まないと。
ついでに荒川登山口はマイカー規制がかかっていて、途中の駐車場にバイクを停めてバスに乗り換えなくてはならず、時間によってはそのバスがめっちゃ混雑するとのこと。
バスの時間に急かされたくないというのも白谷雲水峡コースを選んだ理由の一つ。

昨夜のうちに見どころや裏技を教えてもらって準備は万端。
あとはひたすら歩くのみ!!

6時5分、駐車場にバイクを停めて登山スタート。
カメラはリュックに入れたまま、アドバイス通りガンガン進む。
ひたすら登ってひたすら下る。
帰りにこれをまた登るのかと思うと正直うんざりするくらいに森の中に続く坂道を下った。

7時32分、楠川別れに到着し、トロッコ道と合流。

IMG_9329.jpg

淡々とした木道を歩き続ける。
暇だな…。

8時30分、何組か登山客を追い越して大株歩道で一休みがてら給水。
トロッコ道はようやく終わって、ここから本格的な山道になる。

IMG_9331.jpg

今までは追い越すばかりだったが、この辺りでようやく下ってくる縦走組とすれ違った。

大株歩道から15分程でウィルソン株に到着。
株の中のある地点から上を見ると、ラブリーなことが起こる。
自然が起こした奇跡であり、これを最初に発見した人は凄いと思う。

IMG_9338_201312161403518f4.jpg

太陽の角度できれいなハートにはならなかったけどまぁいいか。

ツアー客を追い越しながら更に進む。
縄文杉への道は長い。
階段地獄に閉口しながらも爽やかな木漏れ日の中を歩くのは気持ちがよくて、屋久島の森を思う存分満喫しながら進む。

9時55分、縄文杉に到着。

IMG_9345.jpg

予想以上にでっかい。
縄文時代から生きていると言われる大きな杉の木。
これまで見てきた杉の木から感じられた生命力はあまり感じられず、終わりの時をただ静かに待っているような、朽ち果てる時までここに在り続けることを願っているような、そんな佇まいだった。
実際に倒木の危険があるからと数年前から杉のすぐそばまでは行けなくなっていて、現在はウッドデッキから眺めるだけになっている。
しかもそのウッドデッキさえも一部損壊していて途中までしか行けない。
触れてみたいなぁと思いつつも、近寄れない歯がゆさ。
これも世界遺産になり、観光客が増えた弊害の一つなんだろう。

IMG_9349.jpg

縄文杉をバックに写真を撮ってもらった。
ハイペースで来たからか登山客は5人くらいで、ゆっくりと縄文杉を拝むことができた。

ぼけーっと大木を見上げては縄文時代に思いを馳せる。
大昔のこの場所はきっと今よりもずっと森林の密度が濃くて、今よりもずっと森の匂いが濃かったんだろうな。
人の手が入って失われたものもあるだろうな。
何年か何十年か何百年かの先、この大木の命にも終わりが来て倒れてしまうんだろうな。
それでもきっと屋久島にでっかい長生きな杉の木があったことは語り継がれていくんだろうな。
大きな地球の中では取るに足らない程の小さい島に何千年も生きた木があって、その目の前に自分は今立っていて、それが何かすっごい不思議な気分。

随分長い間見ていたような気がしていたけど、実際には10分くらいしか経っていなかった。
縄文杉に別れを告げてきた道を戻る。
帰りはゆっくり写真を撮りながら歩く。

IMG_9358.jpg

ウィルソン石発見(`・ω・´)

IMG_9361.jpg

IMG_9363.jpg

IMG_9374.jpg

IMG_9384_20131216140528070.jpg

そこかしこにでっかい木々や切り株がこれでもか!ってくらいに転がっている。

帰りは登ってくる人たちを先に行かせたり待ってもらったりでそれなりに混雑していた。
狭い登山道では譲り合うしかないが、何せ登ってくる人が多いからすれ違いの挨拶で息が切れる(笑)
そして団体ツアーの大名行列っぷりは圧巻だった。

「あとどれくらい?」「縄文杉、どうだった?」

すれ違う時に質問されることもあった。
オカンと同世代の山ガールたちに「もう少しですよ(嘘)」「感動が待ってますよ(人による)」と励ましながら下って行くと徐々に上り客は減っていき、静かな屋久島の森の姿が戻ってきた。

帰りもウィルソン株で一休み。
タイミング良く株の周りにも中にも誰もいない!
再び株の中から上を見る。

IMG_9386.jpg

さっきより太陽の位置が高くなったおかげか、今度はくっきりキレイなハートヽ(゚∀゚)ノ
ハートだー!って喜んでるのも「これがハートマークです」っていう概念が共通認識としてあるからハートだー!ってなるわけであって、その認識がなければただの歪な形の空間だよなーとか思う。
それと同時にハートマークがハートマークとして認識されて心だの恋だの愛だのの象徴とされ、乙女チックで可愛いものとして扱われ始めたのは一体いつからなんだろうという疑問が芽生えた。
そして思考はどんどん加速していくが、それを書くとめんどくさいので割愛する。
とりあえず僕はこの現象にヤクシマーズ・ハイと名付けた。

ヤクシマーズ・ハイな状態のまま大株歩道まで戻り、少し早目のお昼ご飯。

IMG_9397.jpg

今日もねーさんのおにぎり(*´∀`)
中に入ってる手作り味噌がめっちゃ美味しかった。

体が冷えてきたし、休憩もそこそこに歩き出す。

IMG_9398.jpg

白谷雲水峡まで7.7kmか。

IMG_9403.jpg

IMG_9410_20131216140740ba5.jpg

IMG_9417_20131216140833840.jpg

IMG_9420_20131216140836cf2.jpg

ひたすら続くトロッコ道。
杉を運ぶのに使われていたらしい。
淡々とした道を歩いていると、またもヤクシマーズ・ハイモード突入。

自分で作ったおにぎりより他の人、特にオカンが作ったおにぎりのほうが美味しいのは何故なのか?という疑問が頭をよぎる。
ついでにオカンのおにぎりを最後に食べたのはいつだったか気になって、思い出そうと記憶を辿ったけど結局思い出せなかった。

前にも後ろにも人がいない状態でトロッコ道を辿っていると、目の前にヤクシカが現れた。

IMG_9422.jpg

その先にはヤクサル。

IMG_9425_201312161408413d2.jpg

IMG_9429_20131216140844890.jpg

交尾の瞬間に遭遇(笑)

IMG_9435.jpg

IMG_9444_20131216141000b90.jpg

IMG_9445.jpg

IMG_9460_20131216141004502.jpg

ようやくトロッコゾーンを終えて楠川別れに戻り、ここから辻峠までひたすら上りが続くが、それほどのしんどさもなくクリアできたのはヤクシマーズ・ハイのおかげだと思う。

IMG_9465.jpg

途中、もののけ姫で山犬の住処のモデルになった岩屋を通った。
めっちゃデカイ。
自然にできたものなんだろうけど絶妙なバランス。
それに岩の上にも木が生えているのがまた凄い。

13時40分、太鼓岩との分岐点に到着。

IMG_9469.jpg

時間にも体力にも余裕があるし、せっかくだから寄って行こう。

IMG_9471.jpg

今日も良い眺め(*´∀`)

IMG_9470.jpg

太鼓岩から見えるこの不思議な木。
もののけ姫のししがみ様のモチーフになったとかなってないとか。

IMG_9473.jpg

そして向かいの山の頂には謎の突起が…。
天から降ってきて山に刺さったみたい。

ちなみにこの太鼓岩で縦走帰りの西くんに再会し、途中で出会ったカップルらしき二人組となんだかんだ話しながら下山。
一人では足を止めることもなかったような木の前で立ち止まったり、再び苔むす森をゆっくり眺めたり、自然を満喫する。

IMG_9475.jpg

IMG_9476_2013121614140428c.jpg

IMG_9486.jpg

バス停に向かう彼らとは途中で別れ、駐車場への道を進む。

15時50分、無事に下山。
話に聞いて予想していたよりはずっと楽な道のりだった。
体力あります!とは言えないヘナチョコなので途中でへばって引き返すことも選択肢の一つにしていたが杞憂に終わって良かった。

とまり木に戻って洗濯畳んだりしてから晩ご飯はバーベキュー!

IMG_9493_20131216141409df9.jpg

アダルティなライダーさんがええ肉と三岳を差し入れてくれたおかげでめっちゃ豪華!!
そして人数で割るととっても安い(*´∀`)

IMG_9491.jpg

庭で焚火ができるのもとまり木のいいところ♪
酒を飲みながらしっぽり語り、空には満点の星。

IMG_9497_201312161414125d1.jpg

屋久島での一番の目的だった縄文杉も見れたし、楽しい夜も過ごせたし良い一日だった。

朝、靴下の穴を発見した。
そしてトレッキングシューズのソールが剥がれたことに気付いた夜。




走行距離:43km


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。
ポチっとな(・ω・)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まっきー

Author:まっきー
愛車スーパーカブ110PROに生活道具を積んで日本一周の旅へ…。

2012年4月28日に大阪を出発。
時計回りに日本を走り回り、たまに実家に帰りつつ2013年6月7日、大阪へ帰着。

2013年6月30日、日本縦断に出発。北海道とねぶた祭りを楽しんで南下、鹿児島まで行く予定が途中の四国で満足してしまい、10月4日に大阪へ戻る。

日本一周+縦断?での走行距離は39590km。
地球一周分くらい?

2014年7月、3度目の北海道へ。
僕はいったいどこまで行けば気が済むんだろうか(笑)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1076位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
492位
アクセスランキングを見る>>