スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅 277日目 水俣病と若き日の旅人



4月6日 熊本県芦北町~熊本県水俣市の旅。

道の駅にて起床。
室内でタタミということで快適ぐっすり。
外は雨なのでしばらく道の駅でゆっくりすることにして、朝から読書タイム。
沖縄沈没中に買って読みかけだったやつを読む。
そして読み終わったらそのまま道の駅の本棚に寄付。

IMG_8954.jpg

手前の4冊。
置いていくことによって荷物を減らす作戦(・∀・)
また雨の日に来た旅人が読むかもしれんしね!


お昼ご飯は道の駅の食堂で済ませる。
ここ熊本県田浦は太刀魚が有名らしく、太刀魚丼というものがあった。

IMG_8961_20131208000336a64.jpg

ホロホロっとした白身に甘いタレが絡んでめっちゃ美味い(*´∀`)
昼食を終える頃には雨も小雨になって、もうすぐ止みそうな気配。

IMG_8962_201312080003383ce.jpg

飛び回るツバメちゃんに別れを告げて出発。
この道の駅は旅人だけでなくツバメにも優しい道の駅でした。
ツバメが巣を作りやすいようにしてるとこなんてあんまりないんじゃないか?
ちなみにこの道の駅は高速道路のすぐそばにあるから、駐車場は屋根の下。

IMG_8963_20131208000341464.jpg

雨の日も濡れなくて済むのはありがたい。
荷物を整理して、昨夜もらったパール柑も潰れないように箱の中へ。

IMG_8964_2013120800034394d.jpg

道の駅を出る時、昨夜は暗くて気付かなかったが敷地の周りに色んな種類の柑橘類が植えられていた。
箱に入れたパール柑はここから持ってきたのか…。

IMG_8965_201312080005504c3.jpg

パール柑は本当に甘くて美味しい。
昨日の夜に初めて知ったパール柑。
もっと全国的に有名になってもいいのに。

そんなことを考えながら30kmほど走り、水俣の道の駅に到着。

IMG_8966_2013120800055355c.jpg

ここも駐輪場に屋根がある!!

IMG_8967.jpg

九州っていうか熊本万歳(`・ω・´)
到着した時点でまだ14時。
雨が降ったり止んだりでこれ以上進む気は全くなかったし、とりあえず休憩室でのんびりしてから近くにある水俣病資料館を見学することに。

IMG_8969_2013120800060295b.jpg

知っているようで知らなかった水俣病のあらましから一つ一つ見て行く。
難しい数式みたいなやつがあったりチンプンカンプンなところもあった。
ざっくり説明すると、チッソという会社が海に流した有機水銀が化学変化を起こしてメチル水銀という物質になり魚介類を汚染。
そしてその汚染された魚介類を摂取することによってメチル水銀が人体に取り込まれて水俣病を発症。
食物連鎖から発生した公害が水俣病だった。
当時の技術では原因物質をメチル水銀だと特定するのに時間がかかったこと、国の対応が遅れたことなどが被害を拡大させる要因になったそうだ。
高度経済成長の副産物である公害。
今いるこの資料館や道の駅のある敷地は汚染された場所を埋め立てて造られたものだということもここで分かった。
直視しがたい映像などを見てから外に出ると水銀をイメージしたモニュメントが置かれた広場があった。

IMG_8978.jpg

詳しくはこちら→水俣病-wikipedia

自分が今立っている場所もかつては有害物質に汚染された場所だと思うと何か不思議な気分。
この町は今では普通の暮らしを取り戻していて、でもまだ水俣病に苦しむ人も確かにいる。
水俣病も震災も戦争も、終わったからといって忘れていってはいけないとしみじみ考えた。

道の駅に戻ると24時間開放の休憩室内の端っこにテントが一つ張られていた。
テントの主と会話することはなかったが、どうやらママチャリで旅をしているようだ。

晩ご飯を食べ終えてまったりしてたら一人の少年が入ってきた。
今朝、道の駅たのうらにいた少年だった。
少し話してみると、歩いて旅をしていて鹿児島まで行くとのことだった。

高校を卒業したばかりだというこの少年。
どっからどう見ても旅人に見えない。
ジーパンにダウンジャケット、肩から斜めにかけた大きくはないTOMMYのボストンバッグ。
近所の高校生か大学生がふらっと遊びに来た程度にしか見えない。
たのうらで見かけた時も近所の子かなーとしか思わなかったくらい。
話している間に日が暮れて、少年は唐突に言い放った。

「それじゃ、俺そろそろ行くんで」

カバンを肩にかけて傘を持ち、爽やかに立ち去る。
夜に歩いた方が涼しいし人も少ないから歩きやすいと彼は言っていた。
若いってすごいなと、まだまだ若造の僕は思う。
よくよく考えてみれば僕も18歳の時は彼と似たような考えを持っていた。

どこかを目指す時、道中の景色や名物や出会いは気にも留めずにただ目的地だけを見ていた。
17だか18の時に原付で東京まで走った時も交通量がなくて走りやすいからという理由で夜に出発した。
荷物は学校に行く時に使っていた手提げかばん一つ。
キャンプとか自炊とかそんな考えを持ち合わせていなかったのに、気付いたら目的地に辿りつくよりも道中を楽しみにするようになって、知らない場所に行くことが楽しくなって、もっと遠くへ行きたくなって、キャンプや野宿をしながらの旅にはまっていった。

彼もいずれはそうなるんだろうか。
若い旅人との出会いで自分の価値観が変わっていることに気付いて悲しくなり、経験を重ねた自分に少し嬉しくなった夜だった。



走行距離:36km


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。
ポチっとな(・ω・)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まっきー

Author:まっきー
愛車スーパーカブ110PROに生活道具を積んで日本一周の旅へ…。

2012年4月28日に大阪を出発。
時計回りに日本を走り回り、たまに実家に帰りつつ2013年6月7日、大阪へ帰着。

2013年6月30日、日本縦断に出発。北海道とねぶた祭りを楽しんで南下、鹿児島まで行く予定が途中の四国で満足してしまい、10月4日に大阪へ戻る。

日本一周+縦断?での走行距離は39590km。
地球一周分くらい?

2014年7月、3度目の北海道へ。
僕はいったいどこまで行けば気が済むんだろうか(笑)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
515位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。