スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅 153日目 名護市~国頭村(前編)

12月3日、沖縄4日目。

昨夜は道の駅の情報センター前、つまり一昨日と同じ場所にテントを張ろうと思っていたが、強風に流されてきた雨のおかげで地面がべちゃべちゃに濡れていた。
トイレの前のベンチもべちゃべちゃ。
そんなわけで物産館の前で夜明けを迎える。

IMG_0029.jpg

暖かいし虫もいないしコンクリートベッドに銀マットと寝袋。
撤収が終わった直後に絶妙なタイミングで道の駅の人が登場した。

二日間悩まされた雨はすっかり上がって気持ちのいい青空が広がっている。

IMG_0031.jpg

普段ならしばらくのんびりしてから出発するところだが、こう天気が良くて暖かいと走らなければ損と言うもの。
僕にしては珍しく(笑)8時に行動開始。

まずは国道走って本部半島へ。
前来た時に野宿した東屋を発見!

IMG_0036.jpg

なんか懐かしいような不思議な気分。
2008年の2月にきたから4年10か月ぶりになるのか。
当時は道の駅で野宿できるとか知らなくて必死で寝床を探してはゲリラキャンプを繰り返していた。
何とも旅のしやすい時代になったもんです(*´∀`)
ここで寝てて、深夜に野犬がぞろぞろ現れてドキドキしたのを今でもはっきりと思い出せる。

海岸線をすいすい進む。
穏やかな風と夏を思わせる陽気な日差しに自然と笑みがこぼれる。
橋で行ける小さな島、瀬底島をぐるっと走ってビーチへおりた。

IMG_0046.jpg

ウージ(さとうきび)畑。

IMG_0050.jpg

菊の露地栽培も盛んのようだ。

IMG_0051.jpg

菊畑にはたくさんの電球がぶらさがっている。
これは「電照菊」と言って、夜間も光を当て続けることで菊の開花時期を調節しているらしい。
愛知県の渥美半島も電照菊の栽培が盛んで生産量の30%を占めているんだとか。
露地栽培、ハウス栽培とわけることによって色んな時期に菊の花を咲かせることができる画期的なシステム。
夜になると一斉に明かりがついて幻想的な光景になるんだろうなぁ(*´∀`)
沖縄にいる間にまた夜の畑を見に来よう。

IMG_0054.jpg

瀬底ビーチ。
午前中でシーズンオフということもあってか観光客もまばらだった。

再び橋を渡って本島に戻る。

IMG_0064.jpg

海を左手に見ながら海洋博公園へ。

IMG_0072.jpg

ドラクエのダンジョンに出てきそうな建造物が現れた。

IMG_0075.jpg

この辺りは亜熱帯植物園になっているらしい。
入場料かかるから入りません(`・ω・´)

そして海洋博公園に立ち寄る。
美ら海水族館以外に何があるのか知らなかったけどとりあえず「入場無料」の文字に惹かれて公園に入ってみた。

IMG_0080.jpg

野生のシーサーがあらわれた!

 たたかう
→無視する

IMG_0082.jpg

案内所で情報収集。
どうやらこの海洋博公園はいくつかのエリアにわかれているということが発覚。
美ら海水族館を擁する海のエリア。
沖縄郷土館、海洋文化館がある歴史と文化のエリア。
そして先ほどの謎のダンジョン(植物園)がある花と緑のエリア。
まぁちょっと散歩して次の場所に行くか。

IMG_0083.jpg

お花でできたジンベイザメ。

IMG_0086.jpg

これだけ晴れていて暑いくらいに暖かいと南国の雰囲気も2割増しですな(´ー`)

IMG_0090.jpg

公園内をうろうろ。
ウミガメ館というものがあって、ウミガメが飼育されていました。

IMG_0100.jpg

上からウミガメ。

IMG_0113.jpg

横からウミガメ。

IMG_0117.jpg

ウミガメのうんこさんと共にこんなに大量のゴミが出てきたそうですよ。
ストップ!ポイ捨て!!

続いてマナティー館へ。

IMG_0118.jpg

ジュゴンとマナティーって似てると思ってたけど比較してみるとまったく別物なんだな。

IMG_0119.jpg

IMG_0121.jpg

のっそりめんどさくさそうに泳いでおりました。
これが人魚に見えるなんて何て豊かな想像力なんだろう。
外へ出て海を眺める。

IMG_0123.jpg

ここら辺の海もきれいだね(*´∀`)
それにしても修学旅行生が多いな。
来るときに降りてきた長い階段をまた上がるのか…と思いきや、なんとエスカレーターが!!

IMG_0126.jpg

もちろんこっちで上がって行きまっせ(`・ω・´)
おきなわ郷土村で三線体験や沖縄の生活体験ができるってことで、ちょいと寄って行きましょうか。

IMG_0127.jpg

IMG_0129.jpg

IMG_0130.jpg

地頭代の家(ジトゥーデーヌヤー)という赤瓦の風通しの良さそうな建物。
地頭代とは…wikipedia

手前の部屋と奥の部屋の間に段差があって、なぜかというと昔は男尊女卑が良しとされており、手前の一段高い部屋は主に男性が使用し、奥の一段低くなっている部屋は女性が使用していたそうだ。

中に入るとお茶と黒糖のおもてなしがありました(*´∀`)

IMG_0133.jpg

修学旅行の高校生たちが奏でる下手くそな三線を聞きながら沖縄の風を浴びてまったり。

IMG_0134.jpg

沖縄民謡「てぃんさぐの花」をオバァが三線に合わせて歌い、その歌詞の意味を解説してもらう。
沖縄や八重山諸島には「琉歌」というものがあり、このてぃんさぐの花も琉歌の一つだそうだ。
琉歌は八・八・八・六を基本形として古くから歌い、詠み継がれてきている。
五・七・五・七・七みたいなもんなのかな。

この地頭代の家でまた一つ賢くなった僕は、のんびりするのもそこそこに再び階段を下りる。

目的地はこちら。

IMG_0138.jpg

オキちゃん劇場(`・ω・´)
何とこちら、無料でイルカショーが見れるのです。
さっさと出発する予定を変更してイルカショーを見ていこうと、おきなわ郷土村でお茶を飲みながら時間を調整していたわけですね。

座ってると前の人の頭でうまいこと見えなかったし一番後ろで立ち見する。
チビの悲しいところよ(´;ω;`)

IMG_0141.jpg

IMG_0142.jpg

IMG_0143.jpg

IMG_0148.jpg

IMG_0152.jpg

IMG_0159.jpg

IMG_0160.jpg

IMG_0166.jpg

IMG_0170.jpg

イルカが飛ぶ!走る!背泳ぎする!
笑えるネタも仕込まれていて、飽きることなく30分間のイルカショーを終えた。
イルカってほんとに賢いんだなー。
最後は尾ひれでバイバイしてくれた(*´д`*)

IMG_0176.jpg

無料の割には予想外に楽しめた海洋博公園。
相変わらず天気は上々。
バイクにまたがりつぎの場所へと向かうのであった。

後篇に続く。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。
ポチっとな(・ω・)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まっきー

Author:まっきー
愛車スーパーカブ110PROに生活道具を積んで日本一周の旅へ…。

2012年4月28日に大阪を出発。
時計回りに日本を走り回り、たまに実家に帰りつつ2013年6月7日、大阪へ帰着。

2013年6月30日、日本縦断に出発。北海道とねぶた祭りを楽しんで南下、鹿児島まで行く予定が途中の四国で満足してしまい、10月4日に大阪へ戻る。

日本一周+縦断?での走行距離は39590km。
地球一周分くらい?

2014年7月、3度目の北海道へ。
僕はいったいどこまで行けば気が済むんだろうか(笑)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
213位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。